みちのぶのねぐら

Logo 工作室 // 厚生部 // 政治局

Windows に WordPress のテスト環境を作る

Update: 2021-04-29

Webサーバで Linux や BSD などを使っていても、開発やテストには Windows を使う人は多いです。 Windows でも WSL やその他の仮想マシンの製品を使えば Linux が動くので、基本的にはそちらの方をお勧めします。しかしながら Linux のコマンドを使い慣れていないとか、ハードウェア等の制約で WSL や仮想マシンを使えないといったこともあるでしょう。以下、 WSL や仮想マシンを使わずにできるだけ手間をかけずに Apache と PHP と MySQL をセットアップして WordPress を動かす環境を準備する手順です。

XAMPP のインストール

Windows に Apache, PHP, MySQL を個別にインストールするのはたいへんなので、 それらをまとめてインストールできる XAMPP という製品を使います。

この後の作業の中でファイアウォールの警告が出たら「アクセスを許可する」を選択してください。

まず https://www.apachefriends.org/download.html から “7.4.x / PHP 7.4.x” をダウンロードします。

ダウンロードした xampp-windows-x64-7.x.x-n-VC15-installer.exe を実行します。インストールする機能のうち FTP Server, Mail Server, Tomcat, Webalizer は不要です。 Perl も不要かもしれません。

インストールが終わると Windows のスタートメニューに以下のような項目が追加されます。

Apache と MySQL は “XAMPP Control Panel” から起動します。Windows のデフォルトの設定では HTTP のポート 80 がファイアウォールで拒否されています。この設定は変えない方がいいので、 Apache のポートの方を変えます。まず、設定ファイルの編集のために C:\xampp フォルダにユーザのフルコントロール権限を追加してください。

- ``C:\xampp`` フォルダをマウスで右クリックする。
- 「xammppのプロパティ」の「セキュリティ」を選択する。
- 「編集...」ボタンを押す。
- 「Users」を選択して「フルコントロール」の「許可」にチェックを入れる。
- 「OK」ボタンを押して閉じる。

“XAMPP Control Panel” の Apache の Config ボタンを押して Apache (httpd.conf) を選択し、

Listen 80

Listen 8080

に変更してください。 8080 でなくても 8000 とか 8888 でもいいです。

Apache の Start ボタンを押します。エラー無しで起動したらブラウザで http://localhost:8080/ を開いてください。 “Welcome to XAMPP for Windows 7.4.x” が表示されたらOKです。

次に “XAMPP Control Panel” で MySQL の Start ボタンを押してください。エラー無しで起動したらブラウザで http://localhost:8080/phpmyadmin/ を開いてください。 phpMyAdmin が表示されたら OK です。

WordPress のインストール

phpMyAdmin で「ユーザアカウント」を選択し、「ユーザアカウントを追加する」リンクをクリックします。「ユーザ名」、「パスワード」、「再入力」を記入し、「同名のデータベースを作成してすべての権限を与える。」にチェックを入れ、「実行」ボタンを押します。これらのデータベース名、ユーザ名、パスワードを WordPress で使います。

https://ja.wordpress.org/download/ の「WordPress 5.x.x をダウンロード」ボタンを押し、ダウンロードした wordpress-5.x.x-ja.zip を解凍して ‘‘C:\xampp\htdocs’’ の下に移動してください。今回は ‘‘C:\xampp\htdocs\wordpress’’ とします。

ブラウザで http://localhost:8080/wordpress/ を開くと、インストーラが表示されます。インストーラの指示に従い、「データベース名」、「ユーザー名」、「パスワード」を入力します。「データベースのホスト名」はデフォルトの “localhost” 、「テーブル接頭辞」はデフォルトの “wp_” のままでいいです。表示された指示に従ってインストーラの残りの手順も実行します。最後に WordPress にログインし、管理機能が表示できれば OK です。

再度ブラウザで http://localhost:8080/wordpress/ を開くと、今度はインストーラではなく WordPress のコンテンツが表示されます。サンプルの投稿記事が表示されていたら OK です。

サーバの停止

Apache と MySQL は “XAMPP Control Panel” の Stop ボタンで停止してください。

Tag: Windows Apache MySQL WordPress