みちのぶのねぐら

Logo 工作室 // 厚生部 // 政治局

整理中:Windows VistaでPHPの開発

2009-06-05

この記事を書いた後に Zend Server や XAMPP などを知りました。この記事のように個別に入れるよりこれらのパッケージを利用する方が楽です。 ( 参照 : Zend Server CE / Zend Framework / PHPのデバッグができる環境 )

以前 Windows で PHP の開発 に Apache, MySQL, PHP のインストール手順を書いたのですが、 Vista でうまくいかないという話を聞いて自分でも試してみました。 今回は PHP のソースや MySQL の文字コードを EUC-JP にします。

手順の中で Webブラウザで確認するところがありますが、必ず表示を最新にしてください。 IE の場合 [F5] キー、 FireFox の場合 [Ctrl] を押しながら [R] です。

Apache のインストール

http://httpd.apache.org/download.cgi から Windows 用のインストーラ apache_2.2.11-win32-x86-openssl-0.9.8i.msi をダウンロードしました。インストーラの指示に従ってインストールすればいいのですが、設定をデフォルトから変えた箇所は次の通りです。

ドメイン、ホスト名、管理者パスワードに適当な値を入れます。本番環境ではないので、てきとーです。

インストール先を C:¥site¥Apache2.2 にしました。 C:¥Program Files の下だと何かと面倒だからです。

インストールが完了したら、 http://localhost/ で “It works!” と表示されるのを確認します。また、画面の右下にサービスアイコンが表示されるので、サービスの停止や開始が正常にできることを確認します。 Apache の古いバージョンでは、 Visita でこのアイコンによるサービスの制御ができないことがありました。その場合は、「コントロールパネル」-「管理ツール」-「サービス」を使ってください。

PHP のインストール

http://www.php.net/downloads.php#v5 の “Windows Binaries” から、 “PHP 5.2.9-2 installer” をダウンロードします。

インストール先は C:¥site¥PHP にしました。

Web サーバは Apache2.2 を選択します。

Apache の設定ファイルのフォルダは C:¥site¥Apache2.2¥conf です。

すべてのオプションを選択します。選択肢が灰色ではな白になっていることをよく確認してください。マルチバイト文字列 ( mbstring ) 対応などをインストールしないと、日本人でなくても困ります。

インストールが完了したらファイル C:¥site¥Apache2.2¥conf¥httpd.conf

#BEGIN PHP INSTALLER EDITS - REMOVE ONLY ON UNINSTALL

ScriptAlias /php/ "C:/site/PHP/"

Action application/x-httpd-php "C:/site/PHP/php-cgi.exe"

PHPIniDir "C:/site/PHP/"

LoadModule php5_module "C:/site/PHP/php5apache2_2.dll"

PHPIniDir "C:/site/PHP/"

LoadModule php5_module "C:/site/PHP/php5apache2.dll"

PHPIniDir "C:/site/PHP/"

LoadModule php5_module "C:/site/PHP/php5apache.dll"

#END PHP INSTALLER EDITS - REMOVE ONLY ON UNINSTALL

を、次のように変更します。

#BEGIN PHP INSTALLER EDITS - REMOVE ONLY ON UNINSTALL

PHPIniDir "C:/site/PHP/"

LoadModule php5_module "C:/site/PHP/php5apache2_2.dll"

#END PHP INSTALLER EDITS - REMOVE ONLY ON UNINSTALL

このように変更して余計な設定を削除しないと、 Apache 再起動時にエラーが発生して起動できなくなります。

次に、ファイル名無しの URL 指定で index.php を表示するよう設定変更します 。C:¥site¥Apache2.2¥htdocs¥index.html のファイル名を C:¥site¥Apache2.2¥htdocs¥index.php に変えます。その後 http://localhost/ を表示します。設定変更前は次のように表示されるか、エラーになるかどちらかです。

Index of /

index.php

ファイル C:¥site¥Apache2.2¥conf¥httpd.conf

<IfModule dir_module>

DirectoryIndex index.html

</IfModule>

を、次のように変更します。

<IfModule dir_module>

DirectoryIndex index.php index.html

</IfModule>

Apache を再起動したら、 http://localhost/ で “It works!” と表示されるのを確認します。

最後に、PHPで文字コード EUC-JP を使うための設定をします。 C:¥site¥PHP¥php.ini[mbstring] の設定内容を次のようにしてください。インストールしたままの状態では、たぶん、これらの行はコメントアウトされていると思います。

mbstring.language = Japanese

mbstring.internal_encoding = EUC-JP

mbstring.http_input = auto

mbstring.http_output = EUC-JP

mbstring.encoding_translation = Off

mbstring.detect_order = auto

mbstring.substitute_character = none

MySQL のインストール

http://dev.mysql.com/downloads/ の “MySQL Community Server Download » “ から Windows MSI Installer (x86) をダウンロードしました。 MySQL のプログラムのインストールの完了時に次の画面が出ます。チェックを On にしたまま Finish ボタンを押すと、データベースを設定するウィザードが起動します。

文字コードは ujis を選択してください。これが EUC-JP です。

ユーザ root のパスワードを設定してください。本番環境では強いパスワードにしてください。開発環境でも、「パスワード無しはあり得ない」という前提で作られたツールがあると思うので、必ず設定してください。

phpMyAdmin のインストール

http://www.phpmyadmin.net/home_page/downloads.php から phpMyAdmin-3.1.5-all-languages.zip をダウンロードしました。それを解凍して C:¥site¥Apache2.2¥htdocs¥phpMyAdmin に置きました。

設定ファイルのサンプルは C:¥site¥Apache2.2¥htdocs¥phpMyAdmin¥config.sample.inc.php です。これをコピーして C:¥site¥Apache2.2¥htdocs¥phpMyAdmin¥config.sample.inc.php を作ります。

設定ファイルの次の値に適当な、本当にてきとーな値を入れます。

$cfg['blowfish_secret'] = 'slkfak2ok0lajsdfnwidlv';

サーバの名称は通常 localhost でいいのですが、レンタルサーバ等の場合、違う名称にしなければならないことがあります。そのときは次の値を変更してください。

$cfg['Servers'][$i]['host'] = 'localhost';

http://localhost/phpMyAdmin/ を表示して、ユーザ root で正常にログインできれば確認完了です。パスワードは MySQL のインストール時に設定したパスワードです。