みちのぶのねぐら

Logo 工作室 // 厚生部 // 政治局

VPS でメモリを節約する

Update: 2009-09-26

このサーバ ( 記事を書いた当初のサーバ ) は VPS ( Virtual Private Server ) を利用しているのですが、ある一つのメモリのパラメータだけが不足気味でした。それを、各プロセスの設定の変更でかなり改善できました。

この VPS は Parallels の製品を使っています。最初はプロバイダが提供する最小単位を使っていたのですが、メールサーバ、DBサーバ、LDAPサーバなどを入れた後、 yum install で複数のパッケージをインストールするだけでハングするようになってしまいました。それで今は 2個分に拡張しています。それでもまだときどき privvmpages についてアラートが出ていました。それを本気出してチューニングしてみようと思ったわけです。ちなみに、チューニングの前も後もあまり変わらない全体の状況は…

# free
 total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:        368640      77668     290972          0          0          0
-/+ buffers/cache:      77668     290972
Swap:            0          0          0

物理メモリはかなり余っています。 Swap が無いですが、それは VPS だから。

httpd の調整はあまり効果無し

ps -ef してみるとたくさん表示されるのが httpdsaslauthd です。saslauthd のメモリの消費量は少ないようなので、 httpd のプロセスの数を減らしたり、不要なモジュールを読み込まないようにしたのですが、あまり効果がありません。 DSO ( Dynamic Shared Object ) によるメモリの節約が効いているのかな?

本当にメモリを浪費しているプロセスは?

次に ps aux とか grep Vm /proc/*/status とかやってみます。 privvmpages に関係あるのは VmData かなぁ。 grep VmData /proc/*/status で大食いのプロセスを探します。どうも MySQL と OpenLDAP のようです。

OpenLDAP のデータキャッシュを減らす

OpenLDAP のバックエンドには BDB を使っています。「そういえば /var/lib/ldap/DB_CONFIG はインストールした後デフォルトのまま放置していたなぁ」と見てみると、大きなキャッシュサイズを設定しています。LDAP のエントリの数は両手で足りるくらいしかないので、これをおもいっきり小さくして、 slapd を再起動します。 Parallels の管理画面の Resources - Memory - Secondary System Parameters - privvmpages を見ると効果有りです。

MySQL は MyISAM しか使っていないので…

MySQL のメモリ使用量は起動オプションで調整できます。つまり、 /etc/init.d/mysqld を編集すればいいわけです。

このサイトの場合 –key_buffer_size–sort_buffer_size は小さな値でだじょうぶです。それぞれの意味については MySQL のドキュメントの “7.5.3. Tuning Server Parameters” などを見てください。これらを変更して再起動するとばっちり効果有りです。

他に何か無いかなぁと探していると Reducing MySQL Memory Usage for Low End Boxes という記事を見つけました。このサーバでは MyISAMしか使っていません。起動オプションに –skip-bdb–skip-innodb を追加して再起動します。めちゃめちゃ効果有りです。

ここまでやった結果は次の通り。 LDAP がなければ VPS 1部屋分の最小単位でもだいじょうぶかな。

Parameter   Current Use Soft Limit Hard Limit Units
privvmpages      52,466    125,000    150,000 4KB pages