みちのぶのねぐら

Logo 工作室 // 厚生部 // 政治局

ubuntu 12.04 で resolv.conf が書き換えられる

Update: 2012-08-25

まず最初に、 resolve.conf ではなく resolv.conf だそうです ^^;) bash の補完機能は便利ですねぇ ^^;;)

Ubuntu 10.04 のサーバを Ubuntu 12.04 server に置き換えるため、 OS インストールの後 /etc/resolv.conf の設定を書き換えました。そして、再起動すると、 resolv.conf の内容が書き換えられてしまいます。 Ubuntu 12.04 では resolvconf を使うので、 /etc/resolvconf/resolv.conf.d/base に書けばよいという話を聞いたの ( ソース不明 ) で Ubuntu 10.04 の旧サーバの /etc/resolv.conf の内容をそのままそこに書いて sudo service resolvconf restart としてみましたが、だめでした。旧サーバの /etc/resolv.conf の中の記述の順番に意味があるようなのですが、 resolvconf で書き換えたられた /etc/resolv.conf を見ると、順番が変わってしまっています。

そもそも resolvconf の正しい使い方はどうなの?ということで調べてみました。

まず、 Ubuntu がこのあたりの仕様を変えた理由はこちらです。

Improvement to DNS resolving in Ubuntu

https://blueprints.launchpad.net/ubuntu/+spec/foundations-p-dns-resolving

いろいろなネットワークにつながっていて、利用する DNS も複数あるような場合に交通整理したい(超訳)ということのようです。 Desktop に関することは省略します。

Ubuntu のリリースノート https://wiki.ubuntu.com/PrecisePangolin/ReleaseNotes/UbuntuServer によると、この仕様変更についてはこちらを見ろとのことです。

DNS in Ubuntu 12.04

http://www.stgraber.org/2012/02/24/dns-in-ubuntu-12-04/

というようなことを書いています。 Desktop に関することは省略します。

/etc/network/interfaces についてはこちらにサンプルがあります。

Ubuntu Manpage: resolvconf - manage nameserver information

http://manpages.ubuntu.com/manpages/lucid/man8/resolvconf.8.html

それぞれのインターフェースに設定できるということのようです。うまく使えば不要な問い合わせを減らすことができるかもしれません。