みちのぶのねぐら

Logo 工作室 // 厚生部 // 政治局

自民党マニフェスト原案の雇用対策って?

Update: 2010-05-16

先週の金曜日 ( 5/14 ) に、自民党の参院選向けマニフェストの原案が発表されました。有権者になる前からずっと支持していない政党なので、これまで公約とかまじめに読んだことがなかったのですが ( ごめんね〜〜 ) 、今回くらいは読んでおこうと思ったわけです。

http://www.jimin.jp/jimin/kouyaku/pdf/2010_genan.pdf

特にどの点について注目するかは決めていなかったのですが、全体にざっと目を通して「あれ?」。いやいやいや、それはないだろうともう一度読み直したけど、やっぱりそれはないです、雇用対策。不景気の折、私自身も非正規労働者で昨年度は仕事から溢れかけておりました ( 独り者なんでそれでものんきにしておりましたが ) 。全般的な対策の他に派遣法のことなど関心があるわけです。でも、ほとんど何も書いていないのです。

私の読み間違いでなければ、次の1項目だけです。

7,新卒者就職対策を実施します。

 新卒者の就職状況が厳しい中、トライアル雇用により、新卒者の100%就職を支援します。
( IV. 「頑張る人が報われる社会」 より )

「仕事を創る」ということで、一次産業や地方経済、基盤事業などに力を入れて記しているわけですが、出口がはっきり見えない今の不況と失業率はどうするの?失業者の対策は?というようなことを自民党に聞くのは無駄なのでしょう。私は、日本の保守のことを甘く見ていたようです。不覚です。

トライアル雇用は既に職安が奨励金出してやっていますが、こんなささやかな制度で100%就職できたりするわけないだろ!!

この政策だと、景気がよくなっても、それに見合った分だけ仕事が増えるて終わりなんだろうな。

それにしても、派遣法については財界の側からの要求とかあるだろうと思うのですが。例えば御手洗さんとか。いや、そっちは、まあ、いいです。